ホーム > EGFとは

EGFとは

ノーベル賞受賞成分【EGF】

アメリカの生物学者スタンレー・コーエン博士により発見、
1986年、発見と研究の功績によりノーベル医学生理学賞を受賞しました。

EGFが注目を集めた当初は1g=8000万円という高価なもので、
その後の研究を経てコスト削減に成功し、スキンケアへの利用が
可能になりました。
egf01.jpg

EGFの効能

EGFは皮膚表面にある受容体と結びつき、新しい細胞の生産を促進する体内で形成されるタンパク質の一種です。

EGFは人間が本来持っている細胞を再生させる因子のことで、皮膚の表面のある細胞に働きかけて
分裂集合を繰り返しながら、新しい細胞の生産を急速に促進します。これを有糸分裂といいます。
年齢を重ねるに従ってEGFの分泌量が減少し、細胞の再生が遅くなり、肌は老化していきます。
そこで、このEGFをお肌に補給することにより、年齢とともに低下する肌本来の力を助け、
皮膚細胞の新生を促すことができるのです。
しかも、このEGFは細胞内で飽和状態になった場合、それ以上取り込まれることはなく、
化粧品成分としては安全なものであることが立証されています。

EGFは血流を良くし、血管を修復し、コラーゲンの蓄積を促します。
火傷による皮膚移植や、角膜切開による傷の回復促進などの目的に医療の分野で使用されてきました。
EGFは細胞の組織を活性化し、シミをなくし、色素沈着を予防し、皮膚の弾力性を高めることにより
シワ・たるみを改善、新しいみずみずしい皮膚細胞の新生を促し、老化現象を逆行させることができるのです。
つまりEGFとは、新しい細胞を作るためのきっかけを与える『命の成分』なのです。

 

 

egf02.jpg

PAGE TOP